成田で整体をお探しの方は「げんた治療院」へ

姿勢が悪いと内蔵にも影響が!?

筋肉も血管も神経も関節もそして内臓も正しい位置にあるからこそ本来の機能を十分に発揮できるのです!

筋肉、関節の位置が悪ければ正常な関節の動きができなくなったり

それによって神経が圧迫されてしびれや感覚のマヒが起きてしまったり

また血管が圧迫されて血流障害を起こしてしまったり

このようなことが内蔵でも起こってしまうのです。

姿勢の悪い人は内臓下垂!?

姿勢が悪く背中を丸めている人はお腹や胸が圧迫されています。

胸が圧迫されることで呼吸が浅くなり代謝が落ちたり

お腹が圧迫されることで内臓が下に下がってしまい臓器が正常に働けるスペースを失ってしまいます。

特に胃や腸などは蠕動運動によって消化・吸収を行っています。

その動きが制限されてしまうと消化吸収に影響が出てしまいます。

生理痛・生理不順も姿勢が関係している?

もちろんすべての原因ではありませんが子宮や卵巣は腹腔の中で底に位置しますので

内臓下垂の影響を大きく受けてしまいます。

胃腸の働きを改善したり生理痛の改善をするには姿勢と内臓下垂の治療が大事になってきます。