成田で整体をお探しの方は「げんた治療院」へ

顎関節症の原因は猫背だった!?

顎関節症とは

  • 口を開けるとき顎に痛みが生じる
  • 口の開閉がしにくい
  • 口の開閉の時音が鳴る

こんな症状が特徴です。

原因としてはかみ合わせが悪いことや

歯ぎしり、歯を食いしばることが多い

またむち打ちなどの外傷などがあります。

しかし、むち打ちなどの外傷を除けば

かみ合わせや歯を食いしばってしまうという

根本的な原因は姿勢・猫背が原因ということが

多くあります。

なぜ猫背が顎の痛みの原因に?

猫背の状態は胸椎といって胸の位置にある背骨が

背中側に弯曲しすぎてしまっている状態です。

すると顔の位置が前方に突き出てしまうような

姿勢になってしまいます。

その状態でいると首の周りにある筋肉に大きな負担がかかり

口を閉じる筋肉に常に力を入れていないといけない

状態になってしまいます。

その筋肉の緊張が続くことで顎に影響が出てしまうということです。

予防とセルフチェック

デスクワークをしてる方には多いですが

顔が前に突き出るような姿勢をしていないか

また口を閉じているとき

歯と歯が常に接地している状態でないか

確認してみて下さい。

歯と歯がくっついているだけで

顎の筋肉は力を入れていなければいけません。

逆に口を閉じていても歯と歯の間が空いていれば

顎の筋肉は力が抜けている状態です。

背筋を伸ばし顎を引く

という姿勢を意識することで

顎関節症の予防にもなりますので

姿勢の意識をしてみて下しね~