成田で整体をお探しの方は「げんた治療院」へ

若年性更年期障害とは?

先日ネットのニュースでタレントの川村ひかるさんが若年性更年期障害だったというニュースを見ました。

川村ひかるさんの記事はこちら>>>

更年期障害というと閉経の前後にホルモンのバランスが崩れることで現れる症状のことですが

今、30代や40代という世代にこのような症状で悩んでいる方が多いようなので

今回は若年性更年期障害について書いていこうと思います。

若年性更年期障害の症状

主な症状は

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • めまい
  • 動悸
  • のぼせ、ほてり

などなどざっと書きましたが多岐にわたって症状が出ます。

何で起きるの?

原因はホルモンのバランスの乱れや自律神経の乱れからくるものです。

では、なんでホルモンや自律神経が乱れるのか?

閉経前の方は月経時に出ていたホルモンが少なくなることで体調を崩してしまいますが

若年性の場合はストレスや無理なダイエット、食生活や不規則な生活などが原因と言われています。

それによって普通の生活が送れなくなってしまったりする方もいます。

もしかして私もそうかも?

そんなふうに思った人もいるかと思います。

そしてあれ?っと気づいた人もいますかね?

そう!生理痛の症状と同じじゃない?

ではどうすればいいの?

  • 食生活など規則正しい生活を送る
  • ストレスや疲労を溜めない
  • 生理痛や生理不順を放置しない

もちろん症状が重度のときは婦人科でホルモンを調整するクスリを処方してもらうことも良いと思います。

が、なぜホルモンが乱れたのか、自律神経が乱れたのかを解決することにはなりません。

そこを見落としてしまうと症状を繰り返すことになりますのでしっかり根本的に改善しましょうね!