成田で整体をお探しの方は「げんた治療院」へ

症例 30代女性 腰痛

  • 主訴:10数年前から、週に数回の頻度で、立ちっぱなしの時間が続くと腰に痛み
  • 治療回数:6回
  • 治療期間:10か月
  • 治療前所見:骨盤後傾、仙腸関節・恥骨のずれ、鼠蹊部・下肢外側に圧痛、姿勢不良による内臓下垂
  • 治療内容:骨盤周囲の筋肉の緊張を緩め、骨盤・股関節などのずれを調整、内臓下垂の調整
  • 予後:初回から4回目にかけて集中的に治療後、腰の痛みが緩和。その後、数カ月に一度、症状がきつくなる前に来院していただき治療継続

~患者様の感想~

Q.初回来院時のお身体のお悩みや症状をなるべく詳しくお書きください。

A.腰の痛み 立ち姿勢を長時間続けた後や、長時間座っているときに関節が痛くなる。

Q.現在のお身体の状態は初回時と比較していかがですか?

A.痛みが起きない期間が長くなった。とても楽になった。

Q.お身体の状態を数値で表してください。一番悪かった状態を10とすると現在はいくつですか?

A.5/10

Q.当院をどのような方に薦めたいですか?

A.腰や背中や首など疲れた時に痛くなる症状の方には、とても楽になるのでお薦め。

CIMG0339

~治療師から~

長年、我慢し続けてしまった腰痛でしたが、痛みを感じない時間が増え、楽になったということで、本当に良かったです。

姿勢のクセなどで骨盤の周りの筋肉が緊張を起こして骨格がゆがんでしまっていたことが原因の腰痛でした。

治療後、1~2か月は痛みを忘れられるようになってきましたが、疲労などが蓄積されると筋肉の緊張を引き起こし骨格のゆがみの原因になり腰痛が出てしまうこともあります。再発防止のためには予防・メンテナンスは重要になりますので今後も継続して治療させていただきます。