成田で整体をお探しの方は「げんた治療院」へ

症例 30代女性 生理痛

  • 主訴:10年以上悩まされた生理痛 毎日複数回、薬を飲まなければいけない状態 日常生活にも支障ある
  • 治療回数:7回
  • 治療期間:2か月弱
  • 治療前所見:骨盤、仙腸関節のゆがみ、臀部、下肢、下腹部に張り、内臓下垂、側弯症
  • 治療内容:内臓下垂の調整、腹部の筋の緊張の除去、骨盤、仙腸関節、股関節の調整
  • 予後:初回から3回目にかけて集中的に治療。治療開始から初めての月経で薬の服用なし。痛みはあったが我慢できた。その後、2週間に一度、治療継続。治療開始から2度目の月経では初日に2~3時間ほど痛みを感じたが我慢するほどでもなく普通に日常生活を送れた。今後も定期的に治療継続の見込み。

~患者様の感想~

Q.初回来院時のお身体のお悩みや症状をなるべく詳しくお書きください。

A.生理痛が毎回とてもつらく、薬は必ず飲んでいた。日常の生活もできない位、ひどい状態だった。体が硬く前屈ができない。

Q.現在のお身体の状態は初回時と比較していかがですか?

A.薬は飲まなくても大丈夫になった。多少まだ痛みは感じるけど、痛みのレベルとしては、だいぶ良くなったと思う。

Q.お身体の状態を数値で表してください。一番悪かった状態を10とすると現在はいくつですか?

A.4/10

Q.当院をどのような方に薦めたいですか?

A.自分の体の中はあまり意識したことがない人も内臓からや位置とかもわかるので、原因だと思っていた事が違うかもしれないから、見てもらった方が、より自分の体を知れるのでどんな人にもすすめたいです。

CIMG0340

~治療師から~

長年お悩みになっていた生理痛が緩和され、薬の服用もしなくてもよくなり、本当に良かったです。

またご自身で身体の変化を感じ取って、喜んでいただけているご様子を見ると私もとてもうれしいです。

生理痛のひどい方は子宮や卵巣に病変がない限り、骨盤などのずれを調整することで改善されるケースが多いです。

今後も体調管理も兼ね継続して治療させていただきます。