成田で整体をお探しの方は「げんた治療院」へ

首の痛み、違和感の主な症状と原因

 

首から来る違和感・症状の例

 

首の違和感の主な症状

  • よく寝違える
  • 凝っているのか、うまく首が回らない
  • マッサージなどでほぐしてもまたすぐにこってきてしまう
  • まくらが合わない
  • よく眠れない
首の痛み・コリの主な症状

  • 首を触ると痛い
  • 首を動かすと痛い
  • 同じ姿勢でいると首が痛い
  • 目の奥が重い
  • 頭痛がひどく薬を飲んでいる

 

 

首の痛みとは

成人の頭の重さは体重の約10%、体重50Kgの人で5Kgもあるんです。
それを支えている骨は頸椎だけですので周りの筋肉にはかなり負担がかかっています。
それに加えて長時間のパソコン・スマホ・運転・デスクワークなどで頭の位置が傾いている状態が続くと偏った筋肉が緊張してしまいより筋肉に負担がかかってしまいます。
そういったことにより首の周りの筋肉の力が抜けなくなってしまってコリが溜まってしまい痛みになってしまったり寝違えを起こしてしまったりするのです。
また首には脳へ向かう大事な血管や神経もあります。
そんな大事な血管や神経を首の周りの筋肉のコリが圧迫してしまって頭痛になってしまうのです。

 

首の痛みの原因

  • 姿勢
    猫背で気づくと顔が前に突き出るような姿勢の人、またはストレートネック
  • 目 
    デスクワークやスマホ・運転などで目を酷使していると首の後ろ(後頭部の付け根)にコリが溜まってきます
  • 鞭打ち 
    強い衝撃が加わると筋肉はグッと力を入れて骨や内臓を守る役割があります。その筋肉の緊張が抜けなくなってしまい痛みになります。

 

その症状、放っておくとたいへんです!

  • 頸椎ヘルニア・狭窄症
    手のしびれ、麻痺→ひどくなれば手術
  • 耳鳴り・めまい
    首のコリが原因のものも多くあります
  • 自律神経失調症
    自律神経の交感神経は頸椎を、副交感神経は脳幹から出て首の前側を走行します。その走行上の首の筋肉の緊張によって圧迫され自律神経の走行が阻害されてしまいます。(動悸・急な発汗・血圧上昇・食欲不振・不眠などの症状がある方で病院では特に異常がないと言われた方は首の筋肉の緊張によるものの可能性があります)
  • 不眠
    ストレスや緊張・不安など(緊張状態のとき歯を食いしばったりすることで)首の周りの筋肉が緊張し自律神経を圧迫させ交感神経・副交感神経のバランスが乱れ不眠になることもあります。
  • 頭痛 
    脳に行く血管や頭の表面にいく神経を緊張した筋肉が圧迫してしまうため

 

当院での治療、改善法

当院の治療は患者さんの様々な身体の不調を作り出している真の原因が“姿勢不良である”という考え方を元にしています。 
表に現れている首の痛みや頭痛などを作り出している根本原因は姿勢不良、すなわち頭の位置や頸椎の位置が正常な位置でないため無駄に筋肉が緊張してしまって起きているのです。
その考えのもと痛みの原因の筋肉の緊張を緩め、且つ骨格の位置も正常な位置に戻すことでその場の気持ち良さだけでなく再発予防・根本治療が可能なのです。