成田で整体をお探しの方は「げんた治療院」へ

五十肩とは

五十肩とは五十代の方に多いことからその名前で呼ばれていますが四十代や六十代の方がなっても五十肩です。

また医学的には肩関節周囲炎、痛みの出る場所によっては二頭筋長頭腱炎とも呼ばれます。どちらも『炎』という字が入っていることからわかるとおり肩関節の関節包などに炎症がおこる疾病です。

五十肩の原因

一般的には肩関節を構成する骨、靭帯、筋肉などが老化、加齢によって変性し炎症が起きることが原因とされています。

一般的な治療法

  • 電気療法
  • リハビリ運動療法
  • 鎮痛剤
  • 注射

げんた治療院では

五十肩の根本原因は肩関節を構成する肩甲骨、鎖骨、上腕骨の位置の異常が長期間続いたことで筋肉の拘縮が強まりその拘縮してしまった筋肉を伸展させる動作をしたときに痛みが生じると考えます。

初期には炎症が強く出ていることがあるので患部への刺激は最小限にし肩関節の可動に関連のある部位を施術します。

炎症が治まる時期には肩甲骨、鎖骨、上腕骨の運動操作+指圧で関節の位置を整えていきます。